足のコブ(下肢静脈瘤)を治療しよう

コブ(下肢静脈瘤)のない足を目指して。

コブができる原因や、その症状と、
治療ができる医療機関をご紹介しています。

トップ 下肢静脈瘤とは? 下肢静脈瘤の診断 下肢静脈瘤の治療法 病院について知りたい

下肢静脈瘤(足のコブ)とは?

静脈瘤が脚にできたものを下肢静脈瘤と言います。人間は立って二足で歩くようになったため、立ったときに身体で一番下にある脚(つまり重力の関係で)に血がたまりやすくなり、血管(静脈)が膨れコブ(瘤)を形成してしまうのです。

足の静脈血管が浮き出てきて目立つようになり、放っておくと、足のだるさやむくみ、かゆみや湿疹となり、最終的には出血、潰瘍にまで発展します。

>>下肢静脈瘤の説明を詳しくみる

TOPICS

 「下肢静脈瘤の治療の歴史」を公開
 「下肢静脈瘤クイズ」を公開致しました
 サイトがオープン致しました

下肢静脈瘤チェック 下肢静脈瘤常識クイズ 下肢静脈瘤の治療の歴史
下肢静脈瘤の方はご相談ください