足のコブ(下肢静脈瘤)を治療しよう

コブ(下肢静脈瘤)のない足を目指して。

コブができる原因や、その症状と、
治療ができる医療機関をご紹介しています。

トップ 下肢静脈瘤とは? 下肢静脈瘤の診断 下肢静脈瘤の治療法 病院について知りたい

下肢静脈瘤の治療法

肢静脈瘤の治療法には現在様々な方法があります。外科的治療ではない日常生活上の注意や弾性ストッキングなどの圧迫療法は、「静脈瘤」そのものの改善を期待できるものではないものの、症状の増悪や合併症の予防に大切です。

1) 日常の生活での注意

もっとも大事なことは下肢がうっ血を起こさないようにする生活や、うっ血させてしまった状態を速やかに解除させる生活です。


 
   長時間の立位を避け、時々下肢を挙上する
   歩行や足踏みを行い静脈血が心臓に戻りやすいように促す
   就寝時に脚を上げて寝るようにする
   スキンケア(脚を清潔に保ち感染や虫さされに注意する)
   正座などによる圧迫を避ける


2) 圧迫療法(保存的治療)

医療用に作られた弾性ストッキングは下肢静脈瘤や静脈血栓症になどの静脈系還流障害の病気には大事な医療品です。脚関節より中枢になるほど、段階的に圧が低くなるように作成されています。これは、静脈還流を促進させるためです。患者の病態により圧のかけ方が異なり、医師の指示で適切なタイプの選択が必要です。

弾性ストッキングは外側から圧迫力をかけ血液循環を改善しようとしてあるため、普段はいている靴下のように簡単に履けるようなものではありません。正しい履き方で履くことにより、段階的な圧迫が効率よく得られます。

現在、大部分の弾性ストッキングは非弾性糸であるナイロン(ポリアミド)と弾性糸であるポリウレタンがおおよそ7:3の比率で使われています。

弾性ストッキングはその圧迫圧が重要で、その強さによってそれぞれの疾患における使い分けが必要です。

圧迫圧 
使用病態 
20mmHg未満 
むくみ
静脈瘤の予防
手術時などの静脈血栓予防
ストリッピング手術後
20~30mmHg 
軽度静脈瘤 
高齢者静脈瘤
30~40mmHg 
下肢静脈瘤
静脈血栓後遺症
硬化療法後
軽度リンパ浮腫

40~50mmHg 
高度浮腫や皮膚栄養障害のある下肢静脈瘤、静脈血栓後遺症、リンパ浮腫
 
50mmHg以上 
高度リンパ浮腫
 

 

3) 硬化療法

硬める薬剤を静脈瘤(コブ)の中に注入し、静脈の内側の壁と壁をくっつけてしまったり、血栓(血のかたまり)をつくり詰めてしまう方法です。
しかしすべての下肢静脈瘤をこの方法のみで治療することはできません。

 
   ストリッピング術後残存静脈瘤
   伏在静脈本幹に逆流のない分枝静脈瘤
   網目状静脈瘤
   クモの巣状静脈瘤
   拡張蛇行が軽度な伏在静脈瘤




・ 洗浄性硬化剤(detergent solutions)
洗浄性硬化剤は血管内の内皮細胞と結合することにより血小板、フィブリンを付着させ静脈内の血栓性閉塞をもたらす

  ア) ポリドカノール(ポリドカスクレロール®:PS)
局所麻酔薬として開発されたがその静脈硬化作用が着目され下肢静脈瘤の治療や痔核の治療に使用されてきた。正常組織の傷害には可逆的に治るため比較的安全に使用されるが針先から遠くなると作用は弱まり深部静脈での効力は弱い。


4) 高位結紮法

弁不全をおこしている静脈と大元の静脈の合流部を縛ったうえで、切り離してしまう治療法です。

5) 静脈瘤切除術(Stab Avulsion法)

静脈瘤のある場所に3mm程度の小さなキズをつけ、特殊な道具を用いて直接静脈瘤を取り出す方法です。
ごく小さなキズは残りますが、膨れた静脈瘤を取り除く方法ですので確実で再発のない治療方法です。

膝までのストリッピング手術やレーザー手術と同時に、ふくらはぎの目立つ静脈瘤を切除することでよりきれいな足を取り戻せます。

6) ストリッピング手術(伏在静脈抜去術)

ストリッピング

下肢静脈瘤の根治的な治療法として古くから行われている手術方法です。
弁不全(壊れている弁)を静脈ごと引き抜いてしまいます。

特にその後の歩行や痛みは影響しません。再発率が低く、確実な治療法ですが
まわりにある知覚神経にダメージを与えることがありますので、注意が必要です。


ⅰ)大伏在静脈瘤ストリッピング

ア) そけい部における大伏在静脈の処理
イ) 下腿穿通枝の処理
ウ) 下腿部の大伏在静脈にストリッパー挿入
エ) 大腿部の大伏在静脈にストリッパー挿入
オ) 下腿部の大伏在静脈の抜去
カ) 大腿部の大伏在静脈の抜去
キ) 皮膚縫合

ⅱ)小伏在静脈ストリッピング

ⅲ)選択的ストリッピング

ドップラー血流計により伏在静脈の逆流の範囲が同定できるようになり、術後神経損傷の軽減(大伏在静脈抜去後→伏在神経損傷、小伏在静脈抜去後→腓腹神経損 傷)や健常な伏在静脈の温存を図るため逆流のある伏在静脈のみを抜去する、選択的ストリッピングが開発されました。


7) レーザーによる焼灼術

治療法現在最も標準的に行われている手術です。壊れた静脈の中にレーザーファイバーを挿入し、内側から焼灼(焦がす)して閉塞させてしまう治療法です。2011年より保険適応となり、認定を受けた施設のみで標準的に受けて頂ける治療になりました。。

長所は、キズがつかないこと、太もものつっぱりやひきつれが少ないことです。短所は、手術後1-2週間程度ふとももの痛みが生じることです。 保険適応になっているレーザーはELVeS 980nmレーザーという機種のみです。この機種は最新のレーザーに比べると手術後の痛みが強いといわれています。この機種以外のレーザー治療をお望みの方は自費診療となります。





>>「下肢静脈瘤の術後」へ

>>「下肢静脈瘤料金について」へ